2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満点保持者が教える 片手間でTOEFL攻略 +英単語テスト

(以下は発行者様のセールスレターです)

経験上、日本人には知力や英語力のわりに TOEFLスコアが低い人たちが多いという印象を私は持っています。

日本人はずいぶん時間をかけて、かなり苦労して英語を勉強しているのに、
TOEFLでもGREでも点数が取れない、
おまけに、まともに英語をしゃべれない・・・

「なにそれ?」といいたくなるようなことは知っているのに、
アメリカの大学教授が使うような高度な英語の語彙も知らない・・・

それが私がアメリカの一流大学院に在籍して、東大、京大出身者などを見ていて感じたことでした。

それに比べると、

私はたまにしかTOEFL対策をしなかったのに、
TOEFL iBT換算114-115点に相当するCBT280点を取ることができましたし、
英会話学校に通わなくても、
英語を話せるようになりました。
何でそんなことが可能だったのか?

自分のことながら、いろいろ考えてみると、
他の留学希望者にもヒントになることが
いくつも見えてきました。

それで、自分で気づいたポイントを意識しながら、
もう一回試しにTOEFLを受けてみると、一発で満点を取ることができました。

TOEFLを楽々クリアできた経験から作ったのが、この攻略法です。

満点保持者が教える 片手間でTOEFL攻略 +英単語テスト

海外の大学・大学院などの留学の際、スコア不足のために、不合格になったり、奨学金を減額されたりする人がいることはとても残念なことです。

もちろん、国内でも、一部の大学受験、法科大学院、医学部学士編入など、 TOEFLを利用する入学試験についても同様のことが言えるでしょう。

特に海外の大学院留学についていえば、 MBAや LLM、分野によっては Ph.D.が取得できれば、生涯賃金が大幅に増えることも珍しくないでしょう。

例えば、アメリカのトップ10のMBAを取得後の初任給は、年収で2000万円程度とも言われています(各大学が発表している数字はボーナス等を含まないため)。

それを単なる英語試験のスコアの不足ために断念しなければならないとすれば、非常にもったいないことだと思います。

そのようなことがないようにという願いから、この冊子( PDFファイル)は生まれました。

ただし、この冊子の目的は、
使用すべき参考書や問題集を網羅的にリストアップすること ではなく(もちろん、いくつかに言及してはいますが)、
頻出の文法事項を解説すること でもありません。

そういうことは、すでに多くの参考書や問題集が、一定水準以上の成果を収めていることです。

そうではなくて、この冊子の目的は次のようなことです。

1. TOEFL をどのような試験だと考えると満点を取れるのか知ってもらうこと
2. TOEFL のハイスコアがそれほど大したことではない、と知ってもらうこと


とりわけ MBA、 LLM、 Ph.D.などを目指される方は、基本的な学習のノウハウというのはすでにお持ちだと思います。

ですから、手取り足取りの指導が必要なわけではないはずです。

何かの試験対策において効率のよい方法というのは、 あたりまえのことですが、
1. 学習者の適性(例えば、現時点での実力、得意・不得意、記憶力の良さ、視覚的/ 聴覚的に記憶する能力、忍耐力、実際に費やすことのできる時間や経済力)
だけでなく、
2. 学習の対象の性質・傾向(例えば、TOEFL 、ドイツ語、院試、資格試験などの性質と傾向)
によっても左右されます。

この PDFファイルは
2.の学習の対象の性質・傾向に重点を置いたものです。

TOEFL をどのような試験だと考えると満点を取れるか、
をみてもらうことは非常に有意義なことだと考えます。

特に、 CBT250点( PBTの 600点、 iBTの 100点)以上を持っている人は、何が足りないのかを探していただければよいと思います。

宮下裕介氏による「海外経験ゼロ。それでも TOEIC900点」という本があるのですが、 「海外経験ゼロ」でも「 TOEIC900点」がとれる、というのは当たり前すぎる話です。

TOEIC900点というのは別にすごいことではありません。

それをすごいと思うのは単なる「迷信」です。

TOEIC900 点とTOEFL280 点では、TOEFL280 点の方が圧倒的に難しいことは、両方受験された方ならわかると思いますが、

私は「海外経験ほぼゼロ」でも TOEFL280点取れました

(ちなみに、これより前に何のモチベーションもなく受けた TOEIC のスコアは960 点でした。
さらに、このときの経験から判断すると、
TOEIC のリスニングは、少しくらいわからなくても満点になるようです。
逆に、もし海外で支障ない程度に聴き取りができるなら、
TOEIC のリスニングセクションで満点以外を取るのは難しいと思います。
また、全く海外経験なしで TOEIC980点の方のウェブサイトもあるようです)。


http://www5d.biglobe.ne.jp/~yoshi/ProfileLink.htm%22%3ehttp:/www5d.biglobe.ne.jp/~yoshi/ProfileLink.htm などを参照していただければ良いのですが、
TOEIC満点の人がウェブ上に数え切れないほどいるのに対して、
TOEFL 満点の人はほとんどいないことが分かると思います。

そして、掲載されている TOEFL満点の方々は、英語を職業として選択されている方たちです。

馬鹿にしようというのではありませんが、
私にいわせれば、
英語教授法や英語学が専門であればハイスコアがとれて当然だと思います。

というのは、朝から晩まで英語ばかりやっていられるからです。

費やしている時間も労力も普通の人たちとは違うのです。

しかし、私の場合は、英語は専攻でもなんでもありません。

もちろん私は帰国子女などでもなく、英語を始めたのは中学校に入ってからで、海外に滞在した経験も、スペインなどに数週間旅行しただけです。

もともと理系学部に在籍していて、バイオ系研究者志望でした。

さらに悪いことには、ドイツ文学を原書で読みたいという願いを中学生のころから持っていたので、

第 2 外国語にはドイツ語を選択し、

ドイツ語を勉強する間に英語はほとんど忘れてしまっていたくらいです。

その後、文転してしまいましたが、日本では分野によっては英米系の学問を浅薄と考える人もまだ少なくないので、

そこでの主要な言語は、英語ではなく、ドイツ語でした。

私にとって英語とは、単なる道具に過ぎないし、

それも唯一の道具ではなく、ドイツ語、自然科学の知識などのような数ある道具の中のひとつに過ぎません。

英語はたまに勉強しただけです。

というより、ほかのことに忙殺されてたまにしか勉強できなかったのです。

私は 1日に 2時間も3時間もTOEFL対策のために勉強していたわけではありません。

そもそも、30分以上続けて勉強するのが苦手な性格です。

それでも、
私は留学する以前に、「片手間で」 TOEFL280 点を取れたし、
現在はTOEFL 満点というスコアを持っています。

自分の専門が英語学、英文学、外国語教授法などでないからこそ、
私の TOEFL 満点は価値があると思っているし、渡米前の280 点も価値があると思っています。

それはつまり、「手抜き」でとった点数だからです。

私は別に、「英語の専門家」を馬鹿にしようとしているわけではありません。

実際、そうした英語の専門家たちは、私より遥かに正確に、また詳細に英語を解説できるでしょう。

しかし、どうすれば効率よく点数を上げることをできるか、という問いにはほとんど答えることができないと思います。

繰り返しになりますが、英語ばかりやっていれば、できるようになって当たり前だからです。

多くの人は、英語ばかりやっている時間的余裕はないはずです。


さらに、全国に教室を持つ語学学校などを検索してもらえれば分かりますが、東京以外の教室では、
大したスコアを持っていないインストラクターが教えていることが多いです。

はっきり言って、英語の試験対策を職業にしているのに低スコアというのは、どれだけ不合理な勉強をしているのかと思ってしまいます。

自分で高いスコアを取れないようであれば、どこがその試験にとって必須で、どこが重要でないか分からないはずです。

そういうところは、試験に必要なところも不必要なところもごちゃまぜにして、受講者に無理やり勉強させる以外にノウハウ?はないでしょう。

もちろん、ある程度の勉強時間を確保せずに語学の試験で一定以上の成績を出すことは不可能だと思います。

しかし、 やり方によっては、目標点数を獲得するまでに、 10 時間、あるいは100 時間、それどころか数百時間、差が出てきます
(目標スコア到達が 1回遅れれば、それだけで 100時間近く差がつく場合もあるでしょう)。

ですので、最も基本的なことは、
やみくもにしらみつぶしに勉強してはいけない
ということです。

高得点が取れると考えて端に書いてあることから片っ端から覚え足り、マスターしたりしようとすれば、
一生とは言わないまでも何年もかかって好機を逸してしまいます。

「出題されるかもしれないこと」を網羅しようと思えば、
膨大な情報量が集まってしまいます。

些末なことまで網羅しようとして重要性の低いところに時間を費やしていると重要性の高いところを網羅できない
ということです。

ですから、より多くの知識があるということは、知識がより少ないということです。

つまり、
重要な知識を取り出すことによって知識を絞り込むことができる(知識の量を減らせる)ということが、より多くの知識を持っているということです。

お申込みは こちら からどうぞ

(発売日:2008/05/20)

テーマ:【TOEIC】 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apsc.blog118.fc2.com/tb.php/288-891e731e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

びっくりだいまおう

Author:びっくりだいまおう
有益情報を日夜探しています。
セールスレターを読んでいろいろと想像をめぐらすのも楽しいひとときです。
ランキングはこちらからお願いします。
人気ブログランキングもよろしく!

有益情報検索

有益情報の検索はこちらにキーワードを入れてください。

最近の新着有益情報

カテゴリー

おすすめ有益情報

アクセスアップにおすすめ

アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら

相互リンク募集 アクセスアップ SEO対策
おすすめサイト、リンク集37
catvチューナー
八木歯科クリニック
オフィスモリシタホームページ
O脚矯正
無農薬玄米と野菜の販売、げんまいや
アルバイト情報局
移動販売・移動販売車.com
表札の専門店 山田製作所
データ復旧のピーシーキッド
早漏
カフェDEチャイニーズ中国語教室
レーシック
ゴールドカード
ヒマワリの写真
お役立ち情報ナビゲーション
かたリラックス
低金利キャッシング
居食屋 甚兵衛
総合探偵社密会バスターズ
便秘解消乳酸菌
ウクレレとサックスのご気分生活
予約管理システム携帯自動メール配信
ダイエット、シェイプアップ
儲かる
気功
Toeic/英検/大学受験の英単語
広島市 不動産
トゥルースリーパー通販
アロマガーデン,アクアラビュー
ファッション通販GLAMOR
激安PC通販ドットコム(激P)
腰痛対策室
銭銭銭 経済的自由への道
夢魔法の錬金術
パワーライフ
よっちゃんストア
よっちゃんのブラダラ日記
てんきよほう~転機予報。Club
なるほどショッピング
FX徒然草
携帯NEWS
K's beauty shop
sakurako house
プーケットと西麻布のホームページ
どうせ「猫バカ」だもん
リ-ドメ-ルのぱぶちゃんズ
カードでお金グローブチケット
AVINO R BRIDAL
価格比較のHP
愛知名古屋結婚ウエディング
豚の貯金箱(ぶたちょき)でお小遣い生活
株式会社ワイズ
中年おっさんが100万稼いだ
歯周病と闘う
無料でできる手作り席次表
無料でできる手作り招待状
北の知床
パチスロ 攻略情報
不妊症 克服体験記
団塊世代のネット成功術
子育てママのチャットレディー情報局
ネットビジネスに成功して、楽しく暮らしたい
トラフィックエクスチェンジガイド
GPSレンタル・ありさオフィス
激安!通販よってらっしゃい
激安!通販生活家電
激安!通販キッチン家電
激安!通販テレビ
激安!通販パソコン
激安!通販ファッション
激安!通販ライフ
takaakのブログ
副業・独立情報サイト
お買い得ショッピング情報
不労所得 情報 アフィリエイトメルマガ
先物スイングで年間1000万
健康倶楽部2☆健康と健康食品と禁煙と
難民脱出姫
SEO対策 検索上位表示
携帯アフィリエイトで稼ぐ
アフィリエイト攻略ナビ

リンク



このブログをリンクに追加する

最新の売れ筋有益情報

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

お天気チェック


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマーク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。